糖尿病の食事をバランスよく摂取する方法

糖尿病の食事で一番大切なのは「バランスよく適度な量を食べること」です。
これを実践するための方法にはどのようなものがあるでしょうか。

食品交換表を使う

食品交換表を使って、自分で作るという方法です。

スーパーの特売品などをうまく使って作ることで、自分で食べる量の把握などもできるので日々の管理もしやすくなります。

 

ただし、自分で1から作らなくてはいけないため、不慣れな人はまず献立を考えるのが大変かもしれません。
また、忙しくて時間がない!という人もなかなか作ることができないかもしれません。

コンビニなどの外食を利用する

ちょっとした工夫をすれば、コンビニや外食でもバランスのよい食事を摂取することができます。
例えば、サンドイッチ+サラダ+ヨーグルトという形で組み合わせればカロリーや炭水化物を抑えることができます。

 

サンドイッチは炭水化物も割りと少ないうえに、野菜なども一緒に挟まっていることが多いため、扱い易い食べ物です。
ご飯を中心にしたいならおにぎり+サラダ+タンパク質の多い主菜という形にするといいでしょう。
麺類は炭水化物が多いので、できるだけミニサイズにしましょう。

 

このように少し気をつけるだけで、簡単にバランスの良い食事を摂取することができます
ですが、外食はただでさえ価格が高めに設定されているので、毎日これを実践するとなるとかなりお財布に負担をかけることになってしまいます。

宅配食事サービスを利用する

実は今、糖尿病の患者さんの間で人気になっているのがこの宅配食事なのです。
自宅に届けてくれるという便利さ、そのまま食べられたり、冷凍になっているものを温めるだけで食べられたりと手軽なのにバランスもきちんと考えられている、というのが人気の秘密のようです。

 

また、価格も毎日外食するよりも安く設定されているので、お財布にも優しくなっています。
糖尿病の患者さんを抱えている家族も「これなら簡単だし、負担にならない!」と評判も上々です。

 

楽して、バランスもばっちり、糖尿病のために考えられた宅配食事を利用するのがおすすめといえます。

 

 

最近では本来なら、病院食として出されているようなものまで宅配食事で食べられるようになりつつあります。これを利用しない手はありません。
献立つくりにが面倒な人も、バランスの良い食事を手軽に食べたいという人も、ぜひ食事療法のために宅配食事を利用してみましょう。

 

いくらバランス良く食事のことを考えていても、外食の際は少し勝手が違うと思います。
興味がある方は外食した場合の注意すべきポイント5つを読んでみてください。