糖尿病の治療方法について!

糖尿病はどう治療するの?

 

糖尿病は生活習慣病の中でも特に有名な病の一つで、末期症状が表れるレベルにまで悪化した場合様々な合併症を引き起こすことによって日常生活を送ることすら困難になるケースも少なくありません。
そうならないためにも糖尿病になってしまった時は症状が軽いうちに治療を進めて健康な身体を取り戻しましょう。
初期症状の糖尿病の治療は食事療法と運動療法によって治療することが出来、栄養バランスの取れた食事を取って糖尿病の元となる必要以上のカロリーを取らないようにしたり、毎日しっかり身体を動かしてカロリーを燃焼させていきます。
中期から後期の治療になるとインスリン注射や薬物治療などを行うようになりますが、ここまで症状が悪化する前に治療できるよう不安な点があったらすぐに医師に相談してみてください。

 

・食事療法のポイント

 

カロリーを減らすために極端に食事量を減らすのはNG!
糖尿病治療には何よりバランスが重要なので、医師の指示通りのメニューを毎日しっかり食べるように心がける。
普段の生活スタイルによって変化はあるものの大抵の目安は【総エネルギー量=標準体重×仕事別消費カロリー】

 

・運動療法のポイント

 

糖尿病のうちはいきなり激しい運動をすると危険!
食後1、2時間後に15分から20分ほどの程よくきついと感じる程度の運動で身体を動かす。
運同意の動きは少しずつスピードを上げて、時間終了知覚からペースを落とすウォームアップとクールダウンを意識した動きで行うとより効果的。
症状が分からないからこそ予防が大事糖尿病は初期症状が出ているうちなら食事療法や運動療法で解消させることが出来ますが、その初期症状が非常に分かりにくいので、気付かないうちに糖尿病を患ってどんどん悪化させてしまうケースが多く報告されています。
そうなってしまっては取り返しが付かないので、普段の生活から甘いものやしょっぱいものを取り過ぎないようにしたり、定期的に軽い運動で身体を動かすようにして糖尿病を予防していきましょう。