糖尿病の中でもどんな症状があるの?

代表的な糖尿病の症状

 

糖尿病は生活習慣病のひとつとして知られていますが、その原因は患者ごとに異なります。
生活習慣病ということもあって生活習慣の乱れが原因で引き起こされるケースが特に多いのですが、原因が同じでも現れる症状はまったく違うことも珍しくありませんし、時にはまったく違う条件で引き起こされる糖尿病もあるので、最近はいくつかのタイプに分類されています。

 

糖尿病の種類一覧

 

・1型糖尿病肝臓のβ細胞が破壊されることによって体内のインスリン生産量が大幅に減少することでインスリンが不足し、血糖値が下がらなくなる等の変化が身体に表れる。

 

・2型糖尿病体内のインスリン量が減少したりインスリンの働きが極端に弱ることでブドウ糖の取り込みが上手くいかなくなっている状態。
日本の糖尿病患者の95%が2型感染型に含まれる。

 

・遺伝子疾患や他の病気による糖尿病遺伝子異常や肝臓の病気、感染症などによって体内のインスリン病が減少して引き起こされる糖尿病。
非常に稀な事例で薬剤が原因となって発想するケースも報告されている。・妊娠糖尿病妊娠中のホルモンバランスの変化や胎児に体内のブドウ糖が多く送られるようになることで体内のブドウ糖が不足したりインスリンの働きが悪くなることで引き起こされる糖尿病。
妊娠糖尿病になった後は子どもが小児糖尿病になったり出産後に2型糖尿病になることも。

 

・小児糖尿病遺伝的原因や出産後のウイルス感染によって引き起こされる糖尿病。
近年は運動不足や食べ過ぎによる2型糖尿病によって引き起こされるケースも報告されている。
2型糖尿病は食事療法や運動療法で治療が可能だが、1型糖尿病の場合はインスリン療法が必要となる。

 

以上のほかにも色々なタイプの糖尿病が報告されており、いずれも症状が進行すると治療が非常に難しくなるので、少しでも糖尿病の疑いがあると感じたときは栄養バランスの取れた食事や運動を心がけるとともに、早めに病院で詳しい検査を受けてみてください。