妊娠性糖尿病の原因や症状について

妊娠性糖尿病とは糖尿病患者のうち95%が二型糖尿病と呼ばれる生活習慣が原因で引き起こされる糖尿病になっていますが、それ以外の5%の中には妊娠性糖尿病と呼ばれる糖尿病になっている方もいます。
名前の通り妊娠した女性が発症する糖尿病なのですが、発症した場合のリスクは母子ともに深刻なものとなるので、万が一発症した場合は迅速な治療が必要となります。
妊娠性糖尿病は一般的な糖尿病とは原因や治療法も異なるので、妊娠性糖尿病の疑いがある方は産婦人科などで相談しましょう。

 

妊娠性糖尿病の原因とは妊娠性糖尿病の原因は以下の・女性ホルモンの分泌量の変化・胎児へのブドウ糖の供給が原因とされています。
女性ホルモンの分泌量の変化は通常は卵巣で作られる女性ホルモンが妊娠によって胎盤で生成されるようになることで発生し、これによりインスリンが効き難い状態になり、血糖値が上昇しやすい状態になるため、妊娠前より糖尿病になりやすい身体が創られます。

 

さらに胎児への栄養補給のために体内のブドウ糖の多くが送られることで自分のためのブドウ糖が減少することで、食事や脂肪代謝によって必要以上にブドウ糖を供給しようとするためにより妊娠性糖尿病になってしまうといわれています。妊娠性糖尿病になってしまうと妊娠性糖尿病になってしまうと母子ともに様々なリスクが発生し、健康な生活を送る事が難しくなってしまいます。

 

母体に表れる症状として

 

・妊娠性高血圧症候群の発症
・羊水過多
・出産後の糖尿病発症リスクの上昇が挙げられます

 

それらが原因となって胎児に与える影響は

 

・流産
・巨大時、低血糖児の出産リスクの上昇
・成長後の心臓病・糖尿病などの発症リスクの上昇

 

と非常に深刻なものとなっています。

 

当然放置しておくと取り返しの付かないことになるので、糖尿病発症を防ぐためにも定期的に産婦人科で検査を行い、栄養バランスの採れた食事で必要以上の栄養補給を抑えたり、毎日の軽いトレーニングでカロリーを消費するようにして健康的な状態を維持し続けるようにしましょう。