糖尿病で妊娠した場合、胎児には影響はないの?

糖尿病の状態で妊娠するとどんな症状が起きるのでしょうか

 

生活習慣などに変化によって若い方が糖尿病になるケースも増えてきていますが、時折糖尿病を発症した状態で妊娠したという方がいらっしゃいます。
こうした糖尿病になってから妊娠した状態を糖尿病合併妊娠といい、様々なリスクを抱えた状態で出産に挑まなければならなくなるので、可能な限り早い段階で治療を行い、母子ともに健康な状態で出産に臨む事が出来るよう準備を進めましょう。

 

糖尿病合併妊娠時の胎児への影響

 

糖尿病は体内の血糖値が異常な状態にあり、退治にも多大な影響を与えます。いくつか例を挙げると
・流産
・巨大児
・成長後の糖尿病発症
・先天奇形

 

などの症状が確認されており、いずれも子供の健康を著しく阻害するものとなっています。
これらの原因の多くがブドウ糖をはじめとする栄養素の過剰供給や羊水過多によって引き起こされており、いずれも糖尿病を改善させることで解消させることが出来るので、早急な治療を行う必要があります。

 

母体にも影響する

 

糖尿病合併妊娠が胎児に与える影響は非常に深刻なものですが、糖尿病は母体にも様々な悪影響を引き起こします。
いくつか例を挙げると

 

・出産時の母体への負担増加
・出産後の糖尿病発症・悪化リスクの増大
・網膜症、腎症などの合併症

 

などの悪影響が確認されており、いずれも放置しておくと取り返しの付かないことになるので、早急に治療を行わなければ母子ともに危険な状態に陥りかねません。

 

どうやって治療すればいいの?

 

糖尿病合併妊娠になった状態から安心して出産できる状態にするためには地道な生活スタイルの改善が求められます。
専門医の指導を受けながら栄養バランスの採れた食事を摂り、ウォーキングなどの軽い運動を時間をかけて行いながら体内環境を正常化させ、インスリン投与によって血糖値を正常な状態に近づけることで糖尿病を治療することが出来れば出産出来る状態まで回復させることが出来るはずです。
とはいえ出産時や出産後のリスクが高くなる可能性は否定できないので、まずは妊娠前から糖尿病にならないように生活するよう心がけることが重要です。