妊娠糖尿病になって知った、食事療法の難しさ

妊娠糖尿病の治療は難しい?!

 

妊娠糖尿病はその名の通り妊娠した後に糖尿病になった状態を指し、妊娠後に起きる身体の変化によって発症する可能性が表れます。
もし仮に発症した場合は早急に治療しなければ母子ともに深刻なリスクを抱えた状態で出産やその後の生活に臨まなければならなくなるのですが、妊娠している分治療が中々進まなくなることもあるので注意が必要です。

 

 

食事療法のポイント

 

妊娠糖尿病の治療は主に食事療法と運動療法、インスリン投与によって行われます。
いずれも通常の糖尿病の治療で行われているものですが、妊娠糖尿病の場合は胎児がいる分より慎重な治療が求められます。
食事療法一つ取っても気をつけなければならない点は多くあります。

 

・母体と胎児療法の栄養バランスに気を配る
・偏った食事量で栄養の過剰摂取を行わない
・状況に応じて適正体重の増加も必要
・出産後も違うメニューで糖尿病を防ぐ
・運動療法のメニューも視野に入れる

 

などのポイントに気を配りながら治療を進めていく必要があります。

 

細かく気を配って治療を進めよう!

 

妊娠糖尿病の治療にここまで気を配るのはひとえに身体に中に胎児がいることが大きな理由となっています。
妊娠中の身体は胎児に栄養を与えることを優先するため、妊娠前の食事メニューだと栄養不足に陥る可能性もあり、1日に7,8回などよりこまめに栄養補給を行う必要があったりと、細かい条件の元治療を行わないと胎児の健康にも悪影響を及ぼしかねません。
周りの人に協力してもらおう妊娠糖尿病の治療は何かと気を配ることが多く、一人で何でも抱え込んでしまうと今度は心にも激しいストレスによるダメージを与えることもあります。
糖尿病治療にストレスは大敵なので、そうならないように周りの人の力を借りることも大切です。
夫や両親に治療のサポートをお願いするのもいいですし、食事を作る元気がないなら食事の宅配サービスなどを使っても構いません。
辛いと感じたら我慢しないでゆっくり心を休めてください。