糖尿病と高血圧の深い関係とは

 

糖尿病と高血圧といえば生活習慣病の中でも特に有名ですが、それぞれは切っても切れない関係にあり、糖尿病患者の60%以上は高血圧も併発し、高血圧の方が糖尿病になるケースもそうでない方の2倍から3倍以上いると言われています。

 

両方とも放置していれば確実に死に至るので、少しでも健康な身体を保ちたいのであれば、糖尿と高潔勝の両方を予防することが出来るような健康的な生活を送るように努力しましょう。

 

糖尿病から高血圧になる原因糖尿病から高血圧、高血圧から糖尿病になる理由は血液の循環に変化が生じることにあります。
例えば糖尿病になった場合は血液の中の糖分の量が増えて血糖値が上昇しますが、そうなると体内の細胞の浸透圧が上昇し、血液中の水分が失われて血液がドロドロの状態になります。そうすると血液の循環が上手く行われなくなり、それを防ぐために身体から余計に水分を取り込んだり、心臓を大きく働かせることで糖尿病を引き起こします。

 

どんな症状が表れる?

 

糖尿病と高血圧を併発すると様々な症状が身体に表れます。
糖尿病の症状の例を以下に挙げると

 

・立ちくらみ
・脱水症状
・運動障害
・インスリンの減少

 

などが表れ、高血圧はこれらの症状をより悪化させる要因となります。
これらの症状を放置した場合治療することが非常に困難となり、インスリン投与や透析治療を永続的に行わなければならなくなったり、最悪の場合死亡する可能性もあるので、そうなる前に迅速な治療が求められます。

 

最後に

 

糖尿病と高血圧を治療するには糖尿病と高血圧が切っても切れない関係にあるようにそれぞれの治療法も共通している点が多くあります。
例えば毎日の食事で糖分や塩分を過剰に摂り過ぎないようにしたり、過度な栄養補給を防ぐために定期的に身体を動かすようにすれば糖尿病と高血圧の両方を改善させる効果があるので、少しでも糖尿病や高血圧の疑いがある時は医師と相談した上で食事療法や運動療法に挑戦してください。