なぜ糖尿病が増えているのか?

糖尿病というと、一昔前までは、高脂肪・高カロリーの食事が主体の欧米によく見られる病気というイメージが強い病でした。
しかし近年、日本国内における糖尿病患者数は増加傾向にあり、厚生労働省の国民健康・栄養調査(2007年)よると、患者数は約890万にも上るとされています。

 

さらに、糖尿病と診断は下されないまでも、正常・健康体ともいえない境界型糖尿病と呼ばれる方達の数も、約1320万人認められており、これらの糖尿病予備群ともいえる人達が、今後糖尿病へ移行するのではないか?と懸念されています。

日本人は糖尿病に罹りやすい?

食生活の乱れをはじめとした、生活習慣病の一つといわれている糖尿病
日本人の食生活の西洋化が、糖尿病患者の増加に関係しているという話を耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

実は、日本人は欧米人に比べ、元々糖尿病になりやすい遺伝子素因を持っています。
この遺伝子素因に食生活の乱れなどの環境因子が加わることで、糖尿病を発症するという訳です。

 

さらに、欧米人種に比べ日本人を含むアジア人種は、体質的にインスリンの分泌機能が低いといわれています。
その能力差は、欧米人を100とすると、アジア人は約半分の50程度になるという研究結果もあります。

 

このように、元々糖尿病になりやすい日本人の素因にプラスして、食生活の欧米化、ストレスフルな環境、運動不足になりやすい生活環境など、糖尿病を促す環境因子の増加が続いていることから、糖尿病患者とその予備軍が増えてきているのです。

糖尿病になりやすい年代とは?

糖尿病は、すべての年代で起こりうる病ですが、確かに発症しやすい年代というものが存在します。
糖尿病は「1型糖尿病」「2型糖尿病」に分類されますが、このうち全体の9割を占めるのが2型糖尿病です。

 

ちなみに、1型は全体のわずか3%ほどの割合に留まります。
また、1型と2型は発症する年代が明確に違い、1型は小児から若年層の割合が高く、2型はそのほとんどを高齢者が占めます。
つまり、糖尿病を発症しやすいのは、高齢者層ということになります。

 

2型患者の割合は40代後半から急増し、60代でピークとなり、その後緩やかに減少する傾向にあります。
中年層にさしかかってからは、特に糖尿病発症のリスクについて真剣に考え、日頃から食生活や生活環境を整えることを重視するようにしたいですね。

 

糖尿病の増加について分かって頂けたと思います。
ただ、糖尿病の増加に伴い、合併症が最近は増えているのも事実です。
糖尿病の合併症に興味がある方は恐ろしい!糖尿病の合併症について詳しく検証!を見てみてください。