糖尿病の食事はどんな食材・レシピがいいの?

糖尿病治療で重要になるのが食事です。
基本的に1日3食きちんと食べること、食材をバランスよく食べること…
など、注意しなくてはいけないことがあります。
そんな糖尿病の食事とは一体どんなものなのか、具体的な例と一緒に
ご説明します。

脂っこいもの、高カロリーなものは控える

これは基本ですが、脂っこいものや高カロリーなファストフードなどは控えなくてはいけません。
インスタント食品なども該当します。

 

また、甘いものなど砂糖を大量に含んだ食品も、糖尿病の食事としてはNGです。
基本は野菜中心、糖質・脂質は少なめです。

糖尿病に良い食材は?

まずはきのこです。
きのこには食物繊維がたっぷり含まれています。
コレステロールを体外へ排出してくれるうえに、食後の血糖値の上昇を抑えてくれるはたらきがあります。このはたらきのために糖質の吸収が緩やかになり、インスリンの量が少なく済むのです。

 

次に海藻
低カロリーなうえにビタミン、ミネラルがたっぷり含まれているので毎食でも食べたいものです。
量が増えるので少量でも満腹感を得ることができるのも魅力ですね。

 

主食は玄米や発芽玄米にしましょう。
玄米には糖質の代謝異常に関与しているという成分、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。
炊くのが少し手間ではありますが、主食を玄米にするのは体にとっても嬉しいものなのです。

 

豆腐も血液中の脂肪を取り除く効果があるため、糖尿病にはおすすめの食材ですよ。

おすすめ糖尿病メニュー

きのこや海藻、豆腐などの食材を食べるならお鍋もいい方法です。

たくさんの野菜やきのこを使って、お肉は少なめに。

 

シメは玄米でお雑炊にすれば余すことなく食べられますね。
味付けは薄めの和風がいいでしょう。

 

生姜やにんにくを利用すると、味を濃く感じることができるので少量の調味料でも満足できますよ。
比較的カロリーが少ない鶏肉と合わせて食べるのもいいですね。

主食は玄米、主菜に鶏つくねとキノコの炒め煮、副菜にひじきの煮物とわかめとタコの酢の物、
お味噌汁は豆腐とネギ…といった具合にメニューを考えてみてはいかがでしょうか。

 

最近では、ネットにレシピを載せるサイトもあります。
実際に糖尿病の人に提供しているメニューのレシピもありますから、献立を考えるときの参考に
してみてもいいですね♪

 

興味がある方はこちらから糖尿病の食事をバランスよく摂取する方法を読んでみてください。