コレを注意しておけば糖尿病食事も完璧!

よく、「バランスのとれた食事をしよう」と言われますが、実際どのような食事ならバランスがとれていると言えるのでしょうか。あなたはきちんと説明できますか?

 

バランスのとれた食事ってどんなもの?
次のチェック項目を見てください。

□基本となる主食(ご飯、パンなど)がある
□主菜となる食材(肉、魚など)がある
□緑の食材(野菜やきのこなど)がある
□一汁一菜以上である
□カロリーを意識して食べている
□食事の中に色が豊富である

これを満たしていればあなたはバランスの良い食事ができていると言えます。
逆にチェックがつかなった場合、相当バランスの悪い食事をしているということになります。

 

 

バランスを揃えるためには?

 

食事のバランスを揃えるコツは『色』を揃えることです。

食材にはそれぞれ色があり、これは3色に分類することができます。
<黄色>
黄色はご飯やパン、麺類といった主に主食となる糖質中心の食材です。
<赤>
赤は肉や魚、卵などのメインの主菜となるタンパク質中心の食材です。
<緑>
緑は野菜やきのこ、海藻といった副菜になる繊維質中心の食材です。

これら3食を食卓に揃えるようにすると、バランスのよい食事をすることができるようになります。

 

緑を意識した食事を摂ることが大切!!

 

この3食を揃えるうえで意識したいのが緑。
緑のグループの食材というのは、ついつい忘れられがちです。あなたはきちんと緑のグループの食材を食べているといえますか?
コンビニやスーパーのお弁当などを見ても緑の食材はあまりありませんよね?
緑の食材、つまり野菜やきのこなどの食材を意識的に取り入れることによって、バランスもよく、さらにカロリーの摂取過多も防ぐことができる、理想的な食事にすることができます。

 

また緑のグループはダイエットしたい人や糖尿病を防ぎたい人にとっては強い味方になります。
ちょっと意識して黄色や赤より多めに食べるようにするだけで変わります。
ぜひ、今日から食事の色を意識してみてください。